肥前ケシアド

当家に伝わる江戸中期の宝暦五年(1755年)頃に
編纂された『菓子仕方控覚』という鶴屋文書の中に
「けし跡(けしあど)」という
ポルトガル伝来の南蛮菓子があります。

 

これはポルトガルの「ケイジャータ」というチーズ菓子のことで
「文書」のレシピには、当時入手困難だったチーズの代わりに
カボチャのあんを使用したことが記されています。

 

この度、当時のレシピをもとにチーズを
ねり込んで、現代風にアレンジして
「けし跡」を「肥前ケシアド」として復刻いたしました。