お知らせお知らせ

  • 「YOKANGO」を発売します。

    2019.10.3

     

    佐賀県佐賀市の丸房露の元祖『鶴屋』は、2019年10⽉8⽇(⽕)の「ようかんの⽇」よ
    り、“Japanese Neo-classical Energy Sweets”をコンセプトとしたようかん新商品『YOKANGO』の販売を開始します。

     

    ■ようかんは元祖・エナジーフード︕︖

    ようかんの歴史は古く、室町時代にその原型が伝わって来たと⾔われており、

    禅宗の精進料理の中では、⾁に変わる貴重なエネルギー源となっていました。

    江⼾時代になると砂糖が広まり、⽢い現在のようかんに近いものとなりました。

    保存ができ、持ち歩きが容易で、かつ⾼エネルギー⾷品だったようかんは、広く⼈々に

    愛される「エナジーフード」となり、『鶴屋』がようかんを納めていた佐賀藩の⼈々も、

    ⻑崎への警護に向かう⻑い道中に、そのようかんでエネルギーを補給していたとも

    考えられます。
    現代でも、ようかんはロードレースやマラソンなど、持久⼒が求められるスポーツシーン

    でも重宝されています。

     

      

    江戸時代、佐賀藩に納めていた鶴屋のようかんのレシピ(鶴屋文書より)

     

    現代⼈は⽇々膨⼤な情報量を脳を使って処理し、アグレッシブに活動しています。

    その必要なエネルギー量は、歴史上最⾼なのかもしれません。

    寛永16年(1639年)創業の佐賀で最も歴史ある菓⼦屋である『鶴屋』は、そんな

    現代⼈のために、今までにない全く新しい和菓⼦開発に取り組みました。
    そして完成したのが令和の新・ようかん、『YOKANGO』。ようかんでエネルギーを

    チャージしてすぐに動き出すことができる、忙しい現代⼈ために蘇った、

    新時代のYOKANです。

     

    ■創業380年と393年の⽼舗店がタッグを組んで開発
    『YOKANGO』は佐賀で最も⻑い歴史をもつ寛永3年(1626年)創業の⽼舗薬種商

    「野中烏犀圓」様の成分監修の下、⾼麗⼈参エキス、ヤマノイモエキス、冬⾍夏草といった

    漢⽅⽣薬成分のほか、ビタミン、アルギニンなど伝統的な薬効成分を配合し、美味しく、

    そして強⼒なエネルギー補給⾷に仕上げました。
    さらにパッケージは若者がいつでも⾷べやすく、思わず⼿に取りたくなるデザインを採⽤

    しました。
    ※「鶴屋」は寛永16年(1639年)創業の佐賀で2番⽬に⻑い歴史をもつ企業です。

     

     

    『YOKANGO』
    価格︓ 238円(税込)
    内容量︓ 45g
    発売⽇︓ 2019年10⽉8⽇(⽕) ようかんの⽇
    販売︓
    鶴屋 佐賀本店 〒840-0046 佐賀県佐賀市⻄⿂町1番地
    鶴屋 佐賀駅店 〒840-0801 佐賀県佐賀市駅前中央1-11-1
    鶴屋 オンラインストア http://www.marubouro.co.jp